母さんじゃなきゃダメなんだっ!!5 ~完結編・前編~ シリーズ5 ネタバレ

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!5 ~完結編・前編~【シリーズ5】ネタバレとレビュー

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!5 ~完結編・前編~【シリーズ5】のネタバレはこちら!

 

▼▽▽母さんじゃなきゃダメなんだっ!!の詳細はこちら!▽▽▼


ある朝、トイレに長い間こもっている妻を心配する父親。

「ずっとトイレに入ってるみたいだけど大丈夫か?」

だがそこでは母と子がいつもどおりセッ○スにいそしんでいたのだった。

 

ニュプニュプ!x2
ニュプニュプ!x2

 

祐一は父親にばれないよに静かにチ○ポをハメ倒していた。

「あと今日は遅くなるから晩御飯はいらないから。」

「わかっんんっ・・・💛」

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

「だ、大丈夫だから心配しないで・・・」

じゃあ行ってくると残して会社に向かう父。

「ほら、祐一もいかないと・・・」

 

祐一は、さっきイったばかりなのにまた腰を振り始めた!

「音ならいようにしてたら、物足りなくて・・・」

「遅刻しちゃうでしょ・・・祐一・・・」

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

快楽に溺れてしまった祐一は、学校にいかなければならないのに止められない!

そしてたまらず母の上着をまくしあげ、胸をうしろからおもいっきりわしづかみにする!

もう母の乳首はビンビンになってて、ハメながら乳首をくりくりと後ろから摘み上げる!

 

「母さん・・・イく・・・」

「イくっ!」

 

ドピュ!
ドピュ!

 

ドピュ!

 

最後の一滴まで母の膣内に絞り込んで入れそうとする祐一。

「ほら早く学校にいきなさい・・・」

夏が秋がすぎても母子のいけない関係は終わることはなかった。

 

もはや父親がいても関係なしにスキをみつけてはハメる母と子・・・。

祐一は自分の欲望のままに母のカラダをもとめるのだった。

そして、母もなし崩し的にそんな息子の欲求を受け入れてしまっていた・・・。

 

ある日の夜、当たり前のようにカラダを交わらせる母と子の姿があった。

「今日は・・・外に出して・・・」

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

祐一は、母のお腹に出すとそのまま母に倒れ掛かった。

「母さん、部屋にきてくれてありがとう」

「もういいから、早く寝なさい・・・」

 

母は夫が寝付いてから、息子の部屋を訪れる回数が何度目か分からなくなっていた。

(夫が気付けば家族はどうなる・・・?)

(きちんと祐一と話をしなければ・・・)

 

次の日、母は祐一と向き合って話をした。このままでは父親に気づかれてしまうと。

そして元の親子の姿に戻らなければいけないことを話した。

母の目には涙があぶれていた・・・。

 

「わかった。母さんをこれ以上こまらせたくない・・・」

理解してくれた祐一だったが、晴れない胸の内に戸惑いを感じる母であった・・・。

それからは穏やかな日々を取り戻していった・・・。

 

時折、祐一の熱い視線を感じることはあってもきちんと祐一は約束を守った。

しかし祐一は毎晩のように母の風呂をのぞき、母の下着を使って処理していたのだ!

母のほうも、汚された下着を見てカラダのうずきから目をそらしていたのだった・・・。

 

「祐一、ネックレスしめるの手伝って。」

母は同窓会のためにドレスを着て髪型もキレイにまとめていた。

「よ、よく似合ってるよ・・・」

 

「じゃあネックレス、お願いね」

「できたよ・・・」

後ろを振り向き無防備な姿になった母の姿に祐一の理性はもう限界に達していた!

 

ビンビンになったチ○ポをこすりつけ、背後から両手で胸をつかむ!

「ごめん母さん・・・もう我慢できない・・・」

「いい加減にしなさい!」

 

心を鬼にして息子のために振り払う母。

「俺もうどうしていいか・・・分からないよ・・・」

そういうと祐一は急に声を出して泣き出してしまった。

 

そんな祐一を見ていたたまれなくなった母は、ごめんねと祐一を抱きしめる。

しかし祐一は母のお尻をまさぐりだし、何もしないと分かるとエスカレートさせた。

次に自分の股間を母の下腹部にこすりつけだした!

 

「母さん・・・」

母のほうも反応してしまい、じっとりと熱いモノがこみあげてくるのであった。

まるで、こういったことを待ち望んでいたかのように・・・。

 

(もう元には戻れないのね・・・)

この時、母の中で何かが崩れ落ちた・・・。

 

「急に体調が悪くなっちゃって・・・今日は休むね・・・」

電話で断りを入れている間も祐一はバックから静かについていたのだった。

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

母は普段しないようなシースルーの下着をつけていた。

「こんないやらしい下着、誰にみせるつもりだったの・・・?」

「これは・・・服に合わせただけよ・・・」

 

「母さんの・・・こんないやらしい姿、誰にも見せたくない・・・」

そういうと、より激しく腰を振り続けるとパンパンという音が部屋中に響く!

「父さんにだって・・・」

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

上半身を脱がした状態にした祐一は母の豊満な胸を後ろから強くつかみ上げる!

「・・・イくっ!」

「・・・・・・・💛」

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

そのままベッドにいき祐一の上にのって唇をねっとりと重ねあう二人。

実は母も祐一との関係に依存していたことを知ったのだった・・・。

そして二人だけの世界に没頭してしまっていた。父親が帰ってくることを知らずに・・・。

 

祐一は正常位になり母とのセッ○スを十二分に堪能していた!

その時、いきなり父親が部屋に入ってきた・・・!

「な、なにをやってるんだ・・・」

 

硬直して身動き取れなくなった3人・・・。

祐一はごめん父さんと言ってまた正常位のまま腰を振り始めた!

もう自分のものだといわんばかりに・・・。

 

「ダメ・・・祐一・・・」

「あなた・・・見ないで・・・」

父親は茫然とその一部始終を見ていた・・・。

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

母の制止を振り切り中田氏してしまう祐一。

同時に母も昇天に達してしまい気を失うのであった・・・。

目を覚ますと父親の姿はそこにはなかった・・・。

 

祐一は泣きながら母の乳房を吸っていた。まるで赤ちゃんのように・・・。

そうすることで心の平穏を保っているようにみえた。

「母さんごめん・・・俺のせいで父さんが・・・」

 

もう帰ってこないかもしれないと母は思った。そして冷静に現状を受け入れていた。

夫を愛していなかったわけではない。だがそれ以上に大事な人が現れたのだと。

 

「祐一はなにも心配しなくていいのよ。母さんがずっとそばにいるから。」

「どんなことでも受け止めてあげるから・・・さぁおいて・・・」

「母さん・・・!」

 

そして両手を差し出して祐一を温かく迎え入れる母なのであった・・・。

その夜は夢中でお互いがお互いのカラダを求めあい、祐一は執拗に何度も母の最奥で出し尽くしていた!

朝になりやっと眠りにつく祐一を抱きしめ、母は満たされていると感じていた。

 

そう感じたのは、お腹の中に祐一を宿している時の感覚に似ているからだった・・・。

 

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!5 ~完結編・前編~【シリーズ5】 レビューと見どころ解説

 

さて完結ということでどんな内容になっているか今から楽しみです(^^)

まずいつも通りにトイレでハメまくっている母子ですけど朝からなんですよ♪

彼らにとってはこんなことは、もはや朝飯前ってなもんです笑

 

しかもイったのにもかかわらず2回戦突入というね、なんという絶倫なんでしょう(*゚▽゚)ノ

今度は父親がいないので激しくバックからずっこんばっこんやってます♪

いつの間にか夏休みも終わって冬手前の感じですけど季節が変わってもやることは一緒です笑

 

あたりかまわず盛りのついた猫のようにヤりまくってます♪まさに鬼畜ですね笑

母のほうも夜になって祐一の部屋に行くという逆夜這いをしかけます(^Д^)

倫理的にこのままではいけないと思った母はついに祐一にやめるよう言い渡します。

 

祐一は母親思いですから、悲しませるようなことはしたくないんですね。優しい祐一。

でも母の風呂は覗くというね♪そこはゆずれない我らの祐一でした笑

そのときのオ○ニーは母の下着で、しかもしっかり出してます笑

 

けっこう迷惑行為だとおもうんですけど、それをみてうすく母にもぐっとくるものがありますよね?

そんなこんなで「しばらく」は健全な親子関係が続きます・・・

ある日、同窓会でドレスを着ていた母に欲情する祐一はたまらず襲い掛かります♪

 

しかしそれを制止する母。だがこの時母ももうどうしようもなくなっていたのですよ( ̄∀ ̄)

そしてだんだんと、されるがままになってしまう闇落ちの母でした♪

祐一のチ○ポをこすりつけられてお○んこが濡れだしたらそりゃどうしようもないですよね(´∇`)

 

あとは求めるがままに、ガマンしつづけたセッ○スをこれでもかってほどヤりまくります♪

今までガマンし続けていたからというのもぐっときますし、それでこその激しいセッ○スですよね?

だがここで父親がいいタイミング?で帰ってきてしまうんですよねぇ(≧∇≦)

 

母子ピンチ!しかしそんなこととは露知らずハメまくって中田氏する始末です笑

たぶん気持ちよかったんだと思いますよ。うらやまけしからんというやつですね♪

さてとうとう父親にがっつり見つかってしまいます。硬直してどうしていいか分からない3人。

 

しかし、祐一は果敢にもピストン運動を再開します。母は俺のものだといわんばかりの性行動です笑

母もとめようとしますが、そんなことでとまる祐一ではありませんよね♪そのままゴーです(⌒▽⌒)

母が気持ちよすぎて気を失いますが、気づくと父親はいません。でもヤりつづけるというのがこの母子です笑

 

いままでのうっ憤をはらすかのように執拗に中田氏する祐一です。まぁ気持ちは分かりますけどねぇ(゜▽゜)

ヤりまくってとうとう朝がきてしまいます。それでも祐一はドロドロにお○んこにぶちまけてます(☆∀☆)

私的には父親にばれてからのドロドロにお○んこにぶちまける描写はヌキポイントだと思いますね♪

 

台所でヤりまくったり着衣のままでヤるのも、なかなか興奮するものがありますが・・・。

そしてラストは祐一を抱いた時、お腹に祐一を宿した感覚に似ているとしめくくってます。

なんかいいようにラストを飾ってますけど、十分母子で抱き合ってる時点でおかしいです笑

 

そもそも父親はこれからどうなるのか?その辺もなんとなく気がかりっちゃ気がかりです。

しかし、これで誰にも邪魔されずにセッ○スライフを送る祐一はうらやまけしからんですね(^^)

▼▽▽詳細は画像をクリック!▽▽▼