母さんじゃなきゃダメなんだっ!!4 夏休み・後編 シリーズ4

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!4 ~夏休み・後編~【シリーズ4】ネタバレとレビュー

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!4 ~夏休み・後編~【シリーズ4】のネタバレはこちら!

 

▼▽▽母さんじゃなきゃダメなんだっ!!の詳細はこちら!▽▽▼


夏休みのある日、母子で高校野球をみているとおもむろに祐一はとんでもないことを言い出す!

「おっぱい飲みたい」

「出るわけないでしょ!」

 

だがまたしてもガマンできない祐一は母のシャツをまくしあげ乳首を吸うのだった。

そして乳首をチューチューと音を立てて吸いながらむき出しにしているチ○ポをしごかせる。

(息子に甘い私・・・)

 

「手につばをたらしてしごいて♪」

いわれるがままに、つばを手にたらして祐一のチ○ポをしごく母・・・。

手でしごくたびに、部屋中にニチャニチャといやらしい音が響いていた。

 

祐一は乳首を吸いつつ、もう一つの乳首を指でつまんでいじり倒していた!

「そんな・・・乳首・・・しないで・・・」

母は、乳首をいじられるたびにカラダがビクッと反応してしまう。

 

祐一はどこで覚えたのか舌で母の乳首をねっとりと舐めまわしている!

(いやらしい舌使い・・・どこで覚えてくるの・・・?)

だんだんとイきそうになってきて、身もだえる祐一。

 

「いいのよ・・・射精しちゃいなさい」

そういうと、勢いよく大量にザー○ンをほとばしながらイってしまった・・・。

だが、イった後なのにまだものたりない祐一は母におねだりする。

 

「この前みたいにして・・・」

二人は69の体制になり、おたがいのお○んことチ○ポを舐めあい始めた!

すでに母は、夫にもしたことがないプレイをなんの抵抗もなくなっていた。

 

いわれるがままダラダラとザー○ンを垂れ流すチ○ポをしゃぶる母。

そして祐一パンツをずらし、夢中でク○ニをするのだった。

(濡れているのがバレちゃう・・・)

 

チュプチュプx2!
ジュボジュボx2!

 

いやらしく舐め回す音が聞こえないほど二人はセッ○スに夢中になっていた。

ガマンできなくなった祐一は、たまらずお○んこにチ○ポを挿入した!

「待って・・・ゴム・・・」

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

「外に出すから・・・」

「そう言って昨日も・・・あっ💛」

母の言うことをさえぎり、そのままソファーの上で黙って腰を振り続ける祐一!

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

(もっと強く拒否しないと・・・)

祐一の根元まで挿入するピストン運動でお○んこの奥に当たって反応する母!

(奥まで突かれると・・・何も考えられない・・・)

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

「母さん・・・イきそう・・・」

「待って・・・祐一・・・外に・・・」

たまらず、またしても中に出してしまう祐一・・・。

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

「もういいでしょ・・・シャワー浴びてくるから・・・」

母はそういって浴室に向かい、一人シャワーを浴びていた。

すると突然、祐一が入っていて背後から母の胸をわしづかみにした!

 

そしてヤりたいりない祐一は背後からチ○ポを挿入する!

「もう・・・ダメだってば・・・」

もはや母の声は興奮しまくっている祐一には聞こえるはずもなかった・・・。

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

「イくっ・・・」

母はこの時、快楽を知った息子が母親を女として見た時にどうなるかを知った。

そしていまさらながら、おもいしらされたのだった・・・。

 

それからも祐一の性欲は、以前にもましてひどくなっていった・・・

例えば、おさえきれず洗濯物を干している最中でもヤるようになったり。

昼寝中や階段の掃除中など、見境がつかないほどに・・・。

 

最近の祐一は無言で母のカラダをまさぐるまでになっていた!

そして母も夏休みの間だけど、好きにさせていたのだった・・・。

しかも祐一に少し触れられるだけで、恥ずかしいほどに濡れてしまう体質になっていた!

 

台所でお尻を出してといわれ、そのままお尻を突き出し祐一のチ○ポを迎え入れる母。

着衣のまま台所でいつもどおり、AVの撮影のようにハメまくる祐一と母・・・。

母の目はトロンとして、その小さなあえぎ声はパンパンとハメる音でかき消されていた。

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

「母さん・・・好きだよ・・・💛」

「いいから・・・はやく出して・・・」

母は意識して冷たくあしらうのだった・・・。

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

それは母が、ハメられてカラダが悦んでいることを悟られないようにするためだった。

だがその顔は恍惚の表情になっており、すでによがりまくりの状態に・・・。

そして祐一は当たりまえかのように母の膣内に射精するのだった・・・。

 

しかも大量に出したのにもかかわらず、また腰を振り始めるのだった。

そして狂ったように2度、3度との膣内に射精するのだった。

もう母はぐったりして、そのお○んこからはドロドロとザー○ンがこぼれ落ちていた!

 

夜になって父親が帰宅しているから、その間は祐一はおとなしくしていた。

だがこの日は母が外出してて日中いなかった。何もできなかった祐一はたまりまくっていた。

父親がいるにもかかわらず、その目を盗んで台所で母のお尻をまさぐろうとする!

 

「祐一・・・お願いだからやめて・・・」

「口でしてあげるから・・・それでガマンして・・・」

そういうと父親から隠れるようにしゃがみこみ祐一のチ○ポをしゃぶる!

 

(お願い・・・はやく・・・)

必死でフ○ラをするおかげで、もう爆発寸前になる祐一のチ○ポ。

「母さん・・・イくっ・・・」

 

「ビールもう1本くれー。あれっ母さんは?」

「さ、さぁトイレじゃない・・・俺がとってくるよ」

このとき母は、イった祐一のザー○ンを飲み干していたのだった!

 

夜になり寝室で寝る母のもとに興奮さめやらぬ祐一が夜這いをしかける!

「あっ祐一・・・!?」

母が気づくとすでにお○んこにチ○ポを挿入された後だった!

 

「お父さんが横に・・・んんん・・・」

祐一はとっさに口をキスでふさいで何もいえなくする!

そのまま抵抗せずされるがままの母であった・・・。

 

(あの人の横で・・・こんな・・・)

祐一はバレないように慎重に、そして大胆にハメ続けていた。

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

「祐一・・・本当に・・・お父さん起きちゃう・・・」

それでも祐一は興奮状態で腰を振るのをやめようとしない!

そして腰を振りつつ乳首を吸いながら、別の乳首を指でいじり倒す!

 

(声が漏れちゃう・・・)

声が漏れないように必死で手で口をふさぐ母。

その時、父親がうーんと寝言をいい、一瞬動いた。

 

「すぐイくから・・・」

父親のとなりで、母は口を手でおさえながら祐一にハメられまくる!

(お願い・・・起きないで・・・)

 

「イく・・・」

正常位でイってしまうそのまま母の胸に倒れる祐一。

「母さん・・・まだしたい・・・」

 

「祐一の部屋にいってあげるから・・・」

(ごめんなさい・・・あなた・・・)

そういって寝室を後にする母。

 

そして二人は父親がいるということを忘れたかのようにヤりまくっていた!

盛りの付いた獣のように祐一の部屋でヤりまくる二人・・・。

「祐一・・・祐一・・・💛」

 

辺りが明るくなってきても二人はセッ○スをやめることはなかった・・・。

翌朝、父親がハミガキをしようと浴室にいくと母がシャワーを浴びていた・・・。

「汗かいちゃって・・・」

 

「今日、俺早めにでるから朝飯頼む。」

「わかった・・・やるから・・・」

この時、母は祐一のザー○ンを顔に浴びていた・・・。

 

母さんじゃなきゃダメなんだっ!!4 ~夏休み・後編~【シリーズ4】 レビューと見どころ解説

 

夏休み編の後編ですがこれまたエロスのオンパレードでしたねぇ(^^)

夏休みをたっぷりと満喫している祐一はまだまだ満足できてない様子♪

ソファーで母のミルクが飲みたいとか言い出しておっぱいを吸い出します(*゚▽゚)ノ

 

しかもそのままチ○ポをしごいてとか言う始末ですからたちが悪いです笑

ちゅーちゅーとチューペットのようにおっぱいを吸ってちゃっかり手コキでイっちゃいますから(^Д^)

そしておっぱいを吸っているときの指がなんともなまめかしくいやらしいです♪

 

やっぱり母はおっぱいが大きいのでこの辺の描写は丁寧にかかれていますね。

この時のおっぱいは自分的にはヌキポイントとしてカウントしてもいいと思いますよ( ̄∀ ̄)

そしてイった後もそのまま69の体制に。ドロドロになったチ○ポをキレイにする母もたまりません♪

 

またビンビンになった祐一のチ○ポは母のお○んこを求め挿入します。

この時奥まで当たって感じまくっている母の姿がなまめかしくエロイです(´∇`)

なんというか目が半開きでうつろになっている表情がぐっとくるんですよね(≧∇≦)

 

さて中田氏されシャワーを浴びている母ですが、しっかりと襲い掛かる祐一・・・恐ろしい子♪

風呂場でもパコってしまいますが、この後どんどんエスカレートしてしまいます(⌒▽⌒)

洗濯物を干している最中やら、階段を掃除中のときにも興奮してしまうんですよね♪

 

まぁ気持ちは分からんではないですがちょっとヤりすぎでは?と思ってしまいます。

しかしこういった日常でハメるというのは男のロマンですから♪

台所でも案の定、母は祐一のチ○ポにいいようにされてしまいます(゜▽゜)

 

この時、母のカラダはもはやメスのカラダになっていたんです♪

触られるだけでお○んこが濡れ濡れの状態になってしまってたんですねぇ~。

なんというエロスでしょう。こんなシチュエーションってたまりませんよね?

 

当然、台所でもハメ倒してしまうのですが1回イっただけでは祐一のチ○ポは満足しません笑

2度3度とハメハメしまくりというね、なんともうらやまけしからん展開です(☆∀☆)

ここまでくると母はなにも抵抗できないほどに感じてしまってるんでしょうね♪

 

そして父親がいるにもかかわらず、日中セッ○スできなかったから母にせがむ祐一。

ここで、そばに父親がいるのにおっぱいやお○んこをまさぐるシーンもなかなか強烈です♪

仕方なく口でしてあげる母でしたが、しっかりごっくんしてあげててこれもぐっときます(^^)

 

これで満足しないのはもうデフォになっている祐一。とうとう夜這いをしかけます笑

隣で父親が寝ているのにチャレンジャーな祐一。しかもハメまくってるというね♪

やめてといいながらも本気でやめさせない母もやっぱり感じているんでしょうねぇ(ゲス顔)

 

それにしても父親が起きるかもしれないから声を出さないように手で押さえるというのも興奮ものです♪

こういうシチュエーションってやっぱり背徳感を感じてなかなか燃えてくるものがありますよね(*゚▽゚)ノ

もれなくイって中田氏の祐一。今度は自分の部屋で朝までパコり続けますよ♪

 

この時、細かくみてもらうと騎乗位の母のおっぱいが互い違いに揺れているんですよ(^Д^)

ここってリアルでなかなかヌキポイントも高いと思いますので要チェックですよ♪

そして夜が明けてしまいますが二人の熱い夜はまだまだ続いていたんですねぇ笑

 

朝起きて寝室に向かう父親ですが、そのタイミングでシャワーを浴びる母。

何やらあやしげな雰囲気ですがそんなことは露知らずのかわいそうな父親・・・笑

結果、祐一のザー○ンを顔に浴びている母の姿に最後の最後で興奮♪しっかりヌいておきましょう( ̄∀ ̄)

 

▼▽▽詳細は画像をクリック!▽▽▼